車種・グレード・ボディーカラー

車種・グレード・ボディーカラーがどのように関わってくるのでしょうか。

まず、基本となるのは車種でしょう。査定価格の土台として、車種がまず何より1番大切です。人気のないクルマは、カーナビやアルミホイールなどついていたとしても売れないこともあり、逆に人気のある中古車は、まったくのノーマルでも売れるようです。だから、いくらきれいで新しくても、「人気のないクルマ」は値段を下げることになります。

次にグレードも大事なポイント。例を挙げるとトヨタの最上級1ボックスカーがあるとします。グレードによって、排気量などが変わるのですが、この中古車の場合、2400ccと3500ccと2種類が存在します。どちらが売れ筋でしょう。実は2400ccの方です。3500ccの方が、高級感があり、エンジンも静かでパワーもあるのになぜでしょうか。それは維持費の問題が関係しています。2400ccと3500ccとでは、2400ccの方が毎年の自動車税が1万円ほど、車検時の重量税が1万5千円ほど安いのです。また燃費も2400ccの方がいいので、ガソリンの価格が上がれば上がるほど2400ccの方が家計に助かるのです。新車のときに、上記の2つの金額の差を比べたときに30万の差があったとしたら、もちろん高いのは3500ccです。でも査定をしてみると、その差は30万とはいかないもの。15万か20万かは現車の状態によりますが、3500ccを買った人からすればちょっと損をしているような感じを受けるかもしれません。

そして、ボディーカラーも大事なチェックポイントです。人気なのは基本は、白か黒です。新車の価格は色が変わってもほとんど違いがないようです。パール塗装を施してある場合は、2〜5万円ほどの違いはありますが、ブラック系、ホワイト系、パールホワイトのクルマは、ほかの色に比べて確実に査定価格がアップします。中古車業界というのは、人気商売ですから無難な白や黒に人気が集まり、人気のあるものは自然と価格が上がり、そうでないものは下がる仕組みになっています。