ディーラー系企業

ディーラーとは、一般にトヨタやニッサンといった自動車メーカーの看板を挙げている販売店のことです。一概には言えませんが、一般的に買取店、一般の中古車販売業者より安い傾向が見られます。世の中には、ディーラー系企業でしかクルマを買わないと言う方もいます。営業マンの提示した金額に2つ返事で、いつもクルマを買い換えているような方はその査定が安かったとしても疑うことなく下取りに出しているかもしれません。実際ディーラー系企業と言う大きな看板の信用からか、他社と比較しない人も多いと言います。

よくある話なのですが、たとえば、ディーラーで査定をした人がいると仮定しましょう。ディーラーでは100万と言われとします。別の業者では110万と言う価格を提示しました。その人は検討しますといったん帰って、110万円を提示した業者が後日連絡を取ったところ、ディーラー系企業が120万にするからと言ったらしく、下取りしてもらい買い換えていたというケースもあったのです。

一言目はものすごく安い査定をしておきながら、他者との競合になるといきなり20万以上下取り価格を平気で上げることもあるんだとか。消費者としてはもちろん下取りが高い方が嬉しいのですが、20万も下取りを上げることがで出来るのなら最初からその分上乗せしてもいいのではと思ってしまいます。