オートオークション

中古車のオークションは、買取店や販売店、近年ではディーラーも参加するクルマの卸売り市場のことを言います。言い換えると魚や野菜の市場と似たようなものと言うと、イメージしやすいでしょうか。

オークション会場は全国各地にありますが、クルマを売りたい業者は近い会場にクルマ(書類)を出品して、そこで競りにかけられることになります。そこで最も高い金額を付けた業者が落札者となるわけです。元々、中古車オークションは、販売店、メーカー系ディーラーなどが、互いにクルマのやりとりをする場だったのです。そのため、今も一般人は参加することは不可能です。これも魚や野菜の市場と似ていると思います。参加するには会員になる必要がありますが、近年は悪質な業者を排除する目的もあって入会が厳しくなっています。業者であっても誰もが会員になれるとはいかないのです。

現在では、オンライン化が進み、オークション会場へ出向くことなく参加出来る仕組みになってきました。中古車を購入する一般ユーザーは、ここで店側が仕入れた(落札)クルマを買うのです。一般の人が愛車をオートオークションにかけたい場合は、代行して出品してくれる業者もあるので探してみましょう。