出張査定の流れ

ここでは、出張査定の流れについてご紹介します。

どちらも見積金額は同じででは、と思われるかもしれませんが、クルマを少しでも高く売りたいのなら出張してもらった方が良いことが多いようです。まずホイールなどを交換している場合、純正パーツがあった方が良い見積金額を引き出すことが出来るのですが、わざわざクルマに載せて見積に行くのは面倒でしょう。それに中古車を高く売るなら、複数の業者に査定をして貰うことになりますから、自分で全ての店舗を回るのは非常に効率が悪いと言えます。

次に出張買取査定では、ほとんどどの場合で担当者が1人となります。しかし、持ち込めばタイミングや状況によるかもしれませんが、場合によってはスタッフ数人でチェックされる可能性もあるでしょう。文句のつけられないようなクルマならそれでも良いのですが、やはり普通は自宅や会社の駐車場などでチェックしてもらう方が、おすすめです。

それに、中古車をそのお店で売るのを前提にしているのであれば何の問題もありませんが、少し安い気がするし他で売ることにしようかとか、他の業者も比較したいなんて思っても、商談スペースでじっくりと価格交渉されてしまえば、思ったように口に出来なかったりするでしょう。クルマの売却は個人にとっては高額な取引ですから、自分で納得してから売りたいところです。