車買取と下取りの違い

車買取と下取りの違いについて考えてみましょう。

新車への買い換えや中古車への乗り換えのとき、あるいはクルマを完全に手放す場合、通常はそれまで乗ってきた愛車を下取りに出すか、買取専門店などに売却する方法になります。下取りの場合は、ディーラー(新車購入)か中古車販売店などに愛車を持ち込み、査定してもらうのが一般的です。そこで条件が折り合えば、提示された金額を次のクルマの購入費の一部に充当するという具合です。これに対してクルマを専門店などに売却し、現金化するのが買取りになります。

ここで考えたいのが、あなたの愛車が人気車種かどうかです。中古車市場で人気のあるクルマのは、一般的に新車を扱うディーラーよりも、買取専門店の方が査定価格が高いようです。その理由は、クルマの人気度が影響するかどうか。ディーラーでは、基本的にクルマはマニュアルに従って評価されます。具体的には、新車価格を基準に、年式やグレード、走行距離、事故歴、全般的な程度などをチェックし、減点法で行います。言いかえれば、ベテランでも新人でも、基本的に同じ査定額というわけです。これに対して、車買取専門店や中古車販売店などでは、中古市場での流通価格を基準に行う仕組みです。

買取専門店では、この金額が反映され、人気車種はディーラーよりも高い査定額というケースがあります。そのためにも、愛車の人気度、市場価格を調べておくことが大切です。